メンズコスメ・美容の口コミサイト「パンジー」

養毛剤・育毛剤・発毛剤の違いとは?効果や悩み別におすすめもご紹介

薄毛や抜け毛に日頃から悩まされている人にとって、ヘアケア商品は欠かせない存在です。その中でも、「養毛剤」「育毛剤」「発毛剤」という3種類があることをご存じでしょうか?実は、それぞれまったく別物のヘアケア商品なのです。

「抜け毛対策をしたい」
「頭皮の状態を良くしたい」
「髪にハリやコシがほしい」

など、求める効果によって使うべきヘアケア商品は異なってきます。自分に合ったものを使わないと効果を実感しにくかったり、場合によっては状態を悪化させてしまう恐れもあるのです。

今回は、分かるようで分からない「養毛剤」「育毛剤」「発毛剤」に関する違いについて解説していきます。髪の悩み別に、どれを使うのがおすすめなのかも併せてご紹介します。

養毛剤・育毛剤・発毛剤の違い

日頃からよく耳にするのは「育毛剤」ですが、「養毛剤」「発毛剤」もれっきとしたヘアケア商品です。あまり馴染みがない言葉なので、いざ聞いても言葉の意味を即座に理解することは難しいかもしれません。

毛を養うと書いて「養毛」、毛を育てると書いて「育毛」、毛を発すると書いて「発毛」。なんとなくイメージは湧きますが、果たして本当の意味や効果は何なのでしょうか。

まずは言葉の違いに焦点を当て、それぞれの意味の違いを説明します。

養毛剤とは

毛を養うと書いて「養毛」。「養う」には、「生活をさせる」「食べ物を与える」などの意味があります。つまり、養毛剤とは毛髪に栄養を与えて今ある状態を良くしていくということになります。

養毛剤自体がそもそも販売数の少ないヘアケア商品なので、言葉の意味を考える機会も決して多くはありません。しかし、今生えている毛髪に必要な栄養を与えるという意味では重要な立ち位置にあります。

育毛剤とは

毛を育てると書いて「育毛」。「育てる」には、「成長させる」「一人前になるまでの過程を上手く進むよう導く」などの意味があります。メディアでもたびたび育毛剤に関するプロモーションは行われているので、今回の3種類の中では最も馴染みがあるのではないでしょうか。

育毛剤には、毛髪を成長させるあるいは健康な毛髪になるため上手く導くという意味合いがあります。毛髪そのものの成長を促すイメージが強いのも育毛剤の特徴です。

ここで注意したい点は、育毛剤はあくまで今ある毛髪に対してアプローチをするということです。つまり、髪が生えていない状態では育毛剤の効果を発揮することは難しいということになります。

今ある毛髪の状況を改善するのが育毛剤の役目であり、最も大きな効果が期待できる部分でもあるのできちんと言葉の意味を理解しておきましょう。

発毛剤とは

毛を発すると書いて「発毛」。「発する」には、「発生させる」「起こさせる」などの意味があります。つまり、発毛剤は「髪を発生させる=髪を生やす」ためのヘアケア商品だと言えます。

「髪を生やすヘアケア商品」と聞くと、抜け毛や薄毛に悩んでいる人にとっては救世主的な存在ですが、実は発毛剤だと認められるためには一定の条件が課せられています。そのため、むやみやたらに発毛剤を謳って商品を販売することはできないのです。

また、元々髪がないところに生やすわけなので、相応のリスクも伴う場合があります。その点に関しては後述しますが、ヘアケア商品と言ってもこれだけの違いがあることはお分かり頂けたかと思います。

薬事法で分類される養毛剤・育毛剤・発毛剤の違い

ここまで、言葉の意味合いから「養毛剤」「育毛剤」「発毛剤」の説明をしてきました。その他に、薬事法でもそれぞれ分類する方法があります。

薬事法とは、医薬品や医薬部外品、化粧品に制定された法律で、安全性や保健衛生の向上が目的とされています。広告の規制もされているため、誇大広告は違反対象となります。適切な文章で過度な表現をするために設けられたルールが、この薬事法なのです。

「養毛剤」「育毛剤」「発毛剤」も、それぞれ薬事法によって3つに分類されています。どのように分類分けされているのか、見ていきましょう。

養毛剤は化粧品

養毛剤は、薬事法に基づくと化粧品として扱われています。そのため、薬事法に沿って養毛剤を説明すると「皮膚もしくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗布、散布、その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされているもの」ということになります。

つまり、育毛剤では大きな効果は期待できず、一方でリスクの心配が最も低いとされています。絶大な効果を謳っている広告があるとすれば、それは薬事法違反にあたる可能性があります。

直接的な効果は実感しにくいかもしれませんが、頭皮や毛髪を健やかに保つためのヘアケア商品であることに違いはないので、普段使いとしてはおすすめです。

育毛剤は医薬部外品

育毛剤は、薬事法上は医薬部外品として扱われます。薬事法の中で育毛剤は、「脱毛の防止、育毛」を目的として使用されるものと定義されています。

育毛剤の効果は、主に脱毛の防止や育毛であることが分かりますね。

育毛剤も養毛剤と同様、効果の出方は緩和であることが掲げられています。つまり、急激に髪が増えたり抜けなくなった、という効果は育毛剤に期待できないということです。

「えっ、じゃあ育毛剤って効果ないの?」と言う人もいるかもしれませんが、あくまでも効果や作用が緩和なだけであり、まったく意味をなさないわけではありません。

医薬部外品の目的自体に「脱毛の防止、育毛」が含まれているので、長期的な使用によって効果を実感しやすいのが育毛剤の特徴です。

発毛剤は医薬品

化粧品、医薬部外品ときましたが、発毛剤は薬事法上は医薬品に分類されます。

薬事法の中で発毛剤は、「治療または予防に使用されることが目的」とされています。つまり、髪を生やすことは一種の治療として扱われ、抜けにくい髪に仕上げていくことは予防として見られるのです。

基本的に発毛剤は薬局でのみの取り扱いとなります。良くも悪くも体に影響を及ぼす医薬品は、それだけ厳しい管理や規制のもとで販売されるのです。

効果の面だけ聞いていると発毛剤はとても魅力的に感じますが、その反面副作用のリスクも大きくなります。命にかかわるものではないですが、養毛剤や育毛剤と比べると最も副作用のリスクが大きいヘアケア商品です。

養毛剤がおすすめの人・そうでない人

ここからは、「養毛剤」「育毛剤」「発毛剤」それぞれがおすすめな人あるいはそうでない人の解説をしていきます。

先述した通り、「養毛剤」「育毛剤」「発毛剤」にはそれぞれ異なる効果とリスクが存在します。自分の悩みや目的に合ったヘアケア商品を使用しないと効果を実感することはできません。

「自分にはどのヘアケア商品が向いているのか」と理解することは、最速で効果を出すためには不可欠です。まずは、自分がどのタイプに当てはまるのか確認していきましょう。

おすすめな人の特徴

  • 頭皮や髪に対する悩みを抱えている
  • 副作用のリスクは避けたい
  • 毎日使えて安心できるものが良い

養毛剤は薬事法上では化粧品扱いなので、普段使いできるヘアケア商品としてはおすすめです。頭皮に潤いを与え、髪にツヤをよみがえらせる効果が期待できるので、肌に使う化粧品のような感覚で使い続けることができます。

また、養毛剤や育毛剤と比べると最もリスクが起きにくいヘアケア商品なので、「副作用が心配…」という人でも安心して使用が可能です。

おすすめでない人の特徴

  • 抜け毛や薄毛を根本から治したい
  • 多少のリスクは覚悟でも効果を実感したい
  • 頭皮に炎症やかゆみがある

養毛剤は、育毛剤や発毛剤よりも効果が薄いヘアケア商品です。そのため、育毛剤であれば3ヶ月目から効果が現れやすくても、養毛剤はそれ以上かかる場合があります。

目に見える効果は期待しにくい点もあらかじめ理解しておかなければなりません。

また、頭皮に異常がある場合には養毛剤を使用することができません。炎症やかゆみを悪化させる可能性があるので、頭皮の状態が心配であれば一度医療機関で受診してみることをおすすめします。

育毛剤がおすすめな人・そうでない人

育毛剤は様々なメーカーが商品を販売しているため、最も種類が多いヘアケア商品の一つです。謳っている効果も様々で、自分の悩みや目的に併せて育毛剤を選ぶことができるので選択の幅は広いです。

髪に悩みを抱えている人の中でも、特に育毛剤の使用がおすすめな人のタイプをご紹介します。

特に、養毛剤を使用して効果が実感できなかったという人には育毛剤が向いているので、その点も含めて解説していきます。

おすすめな人の特徴

  • ・今ある髪を健やかに育てたい
  • 自分の悩みや目的に合ったヘアケア商品を使いたい
  • ヘアケア商品で効果を実感したい

育毛剤は、今ある髪を丈夫にする効果があります。養毛剤とは異なり、育毛剤は医薬部外品に該当するので、効果の面ではさらに期待ができます。

養毛剤は「毛髪を健やかに保つ」ことを目的としているのに対し、育毛剤は「脱毛の予防、育毛」を目的に掲げています。そのため、抜け毛や薄毛対策あるいはより健康的な髪を育てるという点では非常にメリットが大きいヘアケア商品です。

今まで育毛剤には手を出したことがないけれど、ヘアケア商品で効果を実感してみたい」という人は、是非一度育毛剤を使用してみてはいかがでしょうか。

おすすめでない人の特徴

  • そもそもハゲている
  • 即座に効果を実感したい
  • 頭皮に異常がある

育毛剤は「今ある髪へのアプローチ」が最大の強みです。そのため、毛根が死滅し完全にハゲてしまっている人には育毛剤は効きません。薄毛に悩んでいるというタイプの人が、最も効果を実感しやすいヘアケア商品なのです。

また、養毛剤より効果が出やすいとはいえ、最低でも3ヶ月~半年以上は使用し続けなければなりません。個人差はあるものの、少なくとも半年使い続けることができれば目に見える効果が実感できます。

養毛剤と同様に、頭皮に異常がある場合には育毛剤を使用することはできません。あくまでも、現在の頭皮や髪を丈夫にし環境を整えてくれる働きがあるので、明らかな異常がある場合には使用を避けるべきです。

発毛剤がおすすめな人・そうでない人

養毛剤、育毛剤ときましたが、ここでは発毛剤がおすすめな人の解説をしていきます。発毛剤は医薬品なので、販売している場所が限られています。厳しいルールに基づいて販売されている発毛剤だからこそ、養毛剤や育毛剤とは違った効果を期待することができます。

特にリスクに関しては他2つのヘアケア商品よりも気を付けなければならない点が増えてくるので注意が必要です。

おすすめな人の特徴

  • 髪を生やしたい
  • リスクよりも効果を優先したい
  • 20歳以上で髪の悩みを抱えている

発毛剤は読んで字のごとく、髪を生やすために使われるヘアケア商品です。医薬品に分類されているので、治療の一環として使用することになります。内服薬と外服薬があり、医師の処方か薬剤師のいる薬局でのみ入手することが可能です。

発毛剤は発毛効果が高い反面、副作用のリスクが生じてきます。そのため、未成年の使用は法律で禁じられています。

20歳以上で髪が生えずに悩んでいる人、副作用のリスクよりも発毛効果を実感したい人には発毛剤の使用がおすすめです。

おすすめでない人の特徴

  • 副作用のリスクは避けたい
  • 完全にハゲているわけではない
  • 未成年で髪の悩みを抱えている

発毛剤は医薬品のため、どうしても副作用というリスクが伴ってきます。育毛剤や養毛剤には副作用の心配はほとんどありません。医師の処方あるいは薬剤師がいる薬局でしか購入できないので、少々面倒に感じてしまう場合もあります。

発毛剤は髪が生えてこなくなった部分に髪を生やすためのものなので、完全に生えてこないわけではなく薄毛に悩んでいる程度であれば育毛剤や養毛剤の使用をおすすめします。

また、発毛剤は未成年の使用が禁じられているため、未成年で髪に悩みを抱えている場合には発毛剤以外のヘアケア商品を使用することになるので注意が必要です。

養毛剤・育毛剤・発毛剤は併用可能?

ここで気になる点として、「養毛剤」「育毛剤」「発毛剤」の併用はできるのかということです。「併用した方が効果が出やすいんじゃないか?」と考える人もいるかと思います。

それぞれ効果が異なるヘアケア商品ですが、併用しても問題ないのでしょうか。

場合によっては併用もできる

まず、養毛剤は化粧品として扱われているので、育毛剤や発毛剤と併用しても効果はありません。どちらかというと、抜け毛や薄毛の予防として使用する場面が多いので、「髪を育てる」育毛剤と、「髪を生やす」発毛剤とは少々ジャンルが異なります。

一方、発毛剤と育毛剤の併用は、種類によっては副作用の危険が高まるケースもあります。発毛剤は医薬品、育毛剤は医薬部外品なため、それぞれ副作用のリスクを抱えています。

併用できるケースとしては、発毛剤が内服薬、育毛剤が外服薬の場合です。

しかし、もし併用する場合には医師の許可を得る必要があります。 どちらも大なり小なり体に影響を及ぼすヘアケア商品なので、どうしても併用したい場合には医師から判断してもらいましょう。

一番効果が期待できるのはどれ?

「養毛剤」「育毛剤」「発毛剤」をそれぞれ説明してきましたが、最も髪の悩みに効果が期待できるものはどれなのでしょうか?

髪の悩みは人それぞれなので、使うヘアケア商品も異なってきます。また、ヘアケア商品は継続的に使用することが大前提なので「買いやすい」「続けやすい」という点も重要です。

これからヘアケア商品に手を伸ばすのであれば、「養毛剤」「育毛剤」「発毛剤」のどれから使い始めるべきか説明します。

髪の悩みには育毛剤がおすすめ

「えっ、発毛剤じゃないの?」という人も中にはいると思いますが、副作用というリスクを考慮するとヘアケア商品デビューは育毛剤がおすすめです。発毛剤の副作用として起こり得る症状には、

  • 頭皮のかぶれ
  • 頭皮の炎症やかゆみ
  • 動悸や嘔吐
  • EDなど男性機能障害

などが挙げられます。これらの副作用が起こるかもしれないと考えると、完全に髪が生えてこなくなってしまった場合を除いて、髪の悩みを解決するには育毛剤の使用が効果的だと言えます。

一方、養毛剤は副作用のリスクはありませんが、育毛や抜け毛を予防する効果はありません。髪に栄養を与え、健やかにすることが目的であるため、「使ってみたものの何も変わらない」と不満を抱く人が多いのも事実です。

髪の悩みと真剣に向き合い、少しでも薄毛や抜け毛の進行を妨げるのであれば、育毛剤でヘアケアをするのがベストです。

育毛剤にも少なからずリスクは伴う?

発毛剤は医薬品ですが、育毛剤は医薬部外品です。ヘアケア商品としての効果は発毛剤の方が大きい反面、副作用のリスクも高まります。一方で育毛剤は、発毛剤よりも効果は薄くなるものの、副作用が生じるリスクも低いのが特徴です。

育毛剤は日々研究が進み、より安全な商品が多数販売されています。

発毛剤に使用されている有効成分には副作用を伴うものが多いですが、育毛剤ではそれらを改良し、副作用の危険性を下げつつ有効成分を活用している場合も多いです。

育毛剤は競合他社が近年激増し、常に最新のスカルプ技術を駆使しなければ生き残れない市場となっています。だからこそ安心・安全に使用でき、なおかつ育毛効果が実感しやすいように改善されている商品が多いです。

副作用のリスクは決してゼロではありませんが、高い育毛効果を感じたいのであれば育毛剤の使用がおすすめです。

育毛剤の中で特におすすめな商品

「育毛剤がおすすめなのは分かったけれど、結局どれを買えばいいの?」という人向けに、育毛剤の中でも特にイチオシな商品をご紹介します。

  • 値段が良心的で継続しやすい
  • 育毛効果が高い
  • 髪だけでなく頭皮の環境も整えてくれる
  • 最新技術と有効性がふんだんに使われている

という点をふまえると、チャップアップがおすすめです。

チャップアップは育毛剤の中でも不動の人気がある

公式サイト

チャップアップがどんな育毛剤なのかご説明します。

特徴
  • 3年連続モンドセレクションを受賞
  • 販売前のモニター調査で97%が3ヶ月以内に育毛効果を実感
  • 専用サプリメントで体内から整えてくれる
  • 定期便は初回のみの購入も可能

チャップアップには定期購入と都度購入があり、定期購入の場合は永久返金保証がついてきます。

万が一効果が感じられなかった、あるいは使用している最中に頭皮の異常を感じた、という場合、定期購入であればいつでも返金対応をしてくれます。

チャップアップはコストパフォーマンスが抜群に良い

育毛剤を続けている人の中には、「継続して使いたいけれどお金がかかる…」といって途中で断念してしまうケースがあります。育毛剤は最低3ヶ月~半年間使用し続けることで育毛効果が実感できます。使用途中でやめてしまうのは非常にもったいないのです。

チャップアップは1日あたり247円で使用することが可能です。他社と比較してみると、

  • チャップアップ:247円/日
  • 他社A:396円/日
  • 他社B:298円/日
  • 他社C:327円/日

という結果になり、チャップアップのコストパフォーマンスが高いことが分かります。

毎日使用するものだからこそ、コストパフォーマンスは非常に重要な部分であり、継続できるかできないかによって効果にも大きな影響を及ぼします。

そのような点をふまえても、チャップアップは長期的に続けやすい育毛剤なのでおすすめできるヘアケア商品です。

チャップアップに期待できる効果

チャップアップには、スカルプケアに欠かせない有効成分がふんだんに使われています。

有効成分
  • 頭皮環境を整える:センブリエキス、ジフェンヒドラミンHC、ごぼうエキスなど
  • 頭皮トラブルを防止:グリチルリチン酸など
  • 過剰な皮脂分泌を抑制:ダイズエキス、ドクダミエキス、オドリコソウエキスなど
  • 5αリダクターゼ(男性ホルモンの過剰分泌)を抑制:オウゴンエキス、チョウジエキスなど
  • 血流促進:センブリエキス、クロレラエキスなど

他にも頭皮を柔らかくする成分やアミノ酸など、髪や頭皮にとって嬉しい栄養素が盛りだくさんです。そのため、チャップアップを使用することで、

  • 抜け毛や薄毛予防
  •  頭皮の血流を促進
  • 育毛効果
  •  皮脂の過剰分泌を抑制

などの効果が期待できます。毎日正しく使用することで、これらの効果が実感できるのはチャップアップならではです。

最安値・限定コースをチェック

養毛剤・育毛剤・発毛剤の違いを理解して使い分けることが大切

今回は、「養毛剤」「育毛剤」「発毛剤」の違いについて解説してきました。言葉の違いだけでなく、薬事法上の分類まで異なるヘアケア商品として理解して頂けたかと思います。

それぞれには良さもあれば悪い点もあります。どれも一長一短なので、自分の悩みや目的に合ったものを使用することできちんと効果を実感することができます。しかし、間違ったヘアケア商品を使用してしまうと、育毛効果は分かりにくい可能性もあります。

また、良い面だけでなく副作用などのリスクも考慮すると、そのヘアケア商品を選べばいいか迷ってしまいます。何を優先するのかをしっかり考え、自分自身が抱える髪の悩みを解決してくれるヘアケア商品を正しく選びましょう。