メンズコスメ・美容の口コミサイト「パンジー」

育毛剤の正しい使い方とは?効果が実感できる使い方を詳しく解説!

育毛剤を使用している人の中で、きちんと正しい使い方を理解している人は多くありません。「なんとなく」で使用しているパターンもあり、自己流の使い方をしてしまっている人もいます。

育毛剤には、正しい使い方があります。説明書にも記載はしてあるものの、面倒くさがって読まない人も少なくはありません。これは、非常にもったいないことです。

お金を払って育毛剤を購入し使う以上、薄毛や抜け毛などの髪の悩みに少しでも良い効果が発揮されてほしいですよね。そのためには、最低限守らなければならない使い方というのは存在します。

今回は、育毛剤の正しい使い方から、育毛剤を使う前後での大切なポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、育毛剤を正しく使うことがどれだけ重要なことか理解することができます正しい使用方法を守り、しっかりとヘアケア対策をしていきましょう。

育毛剤は使い方を間違えると効果が半減する

「育毛剤を使っているのに効果がない」

という人は、育毛剤の正しい使い方を知らないまま使っているというケースが非常に多いです。育毛剤は正しく使えば、個人差はありますがきちんと効果を発揮します。その効果を実感する前に使用をやめてしまうのは非常にもったいないです。

育毛剤の正しい使い方さえ理解すれば、日常的に薄毛や抜け毛の予防をすることができます。

今回は、育毛剤を使う上で押さえておくべきポイント、よく間違われるポイントなどを解説していきます。

育毛剤をつける前にするべきこと

育毛剤をつける前、ちゃんと準備をしていますか?実は、育毛剤はただ塗ればいいというわけではないのです。美味しい料理を作るためには下準備が大切なのと同じで、育毛剤も丈夫な髪を育てるためには事前の準備は欠かせません。

事前の準備は主に頭皮に関することが多いですが、それだけ頭皮の状態を整えることは重要なのです。

育毛剤の栄養素を全体に行き渡らせるためには、まず土台がしっかりしていないと話になりません。

育毛剤をつける前の準備は、少し意識すればできることなのですぐにでも取り入れてみることをおすすめします。下準備が習慣化されるとより早く育毛剤の効果を実感しやすくなるので、早目の対策を心がけましょう。

頭皮や髪についている汚れを落とす

せっかく育毛剤を塗ったところで、頭皮や髪に汚れがついたままだと成分が浸透しません。育毛剤の有効成分は、髪だけでなく毛根や細胞に働きかける効果があります。そのため、頭皮や髪に汚れがついていると毛根や細胞に栄養を届けることができません。

また、頭皮や髪につく汚れは比較的油分が多いため、汚れのコーティングがされています。水で流すだけでは取れにくく、しっかりと洗髪をしなければなりません。育毛剤の効果を無駄なく発揮させるためにも、使用前には頭皮や髪の汚れを必ず落とすようにしましょう。

育毛剤の効果を実感するための正しい使い方

最近の育毛剤は日々研究開発が進み、抜け毛や薄毛に対しての効果が早い段階で期待できるものが増えてきました。しかし、中には育毛剤の効果を実感できずに悩んでいる人もいます。

育毛剤の効果を実感しにくい人というのは、体質的な問題を除くと使用方法に問題があるケースが多いです。

  • 正しい塗り方
  • 適切なプッシュ回数

など様々な要因が考えられます。

育毛剤本来の力を発揮させるためにも、正しい使い方を理解することは必須な条件です。逆を言えば、正しい使い方さえ守っていれば 抜け毛や薄毛の予防をすることができます。 育毛剤の基本的な使い方をおさらいしてみましょう。

薄毛が気になる部分に分け目を作る

育毛剤の成分は、薄毛や抜け毛が気になる部分にダイレクトにアプローチをしてくれます。分け目を作らずに育毛剤をつけてしまうと他の部分に付着してしまい、肝心の根っこまで育毛剤の成分を届けることができません。

特に気になる部分はしっかりと分け目を作り、育毛剤の成分が行き渡るようにすると良いです。 髪に余計な育毛剤がつくことなく、塗りたい箇所にしっかりと届けることができます。

分け目はこまめに変えて、薄毛や抜け毛が気になる箇所へ丁寧に育毛剤をつけることもポイントです。少しずつ分け目の位置をずらしながら塗ることで、育毛剤を塗り忘れる箇所をなくすことができます。

作った分け目に沿って育毛剤をつける

分け目を作ったら、その分け目に沿って育毛剤を塗ることを意識してみましょう。簡単なようで、意外と適当に済ませてしまっている人も多いです。作った分け目ごとに、細かく育毛剤をつけていくことで毛根へしっかりと栄養を届けることができます。

育毛剤をつける箇所に分け目を作ることは基本中の基本ですが、面倒くさくなってそのまま塗ってしまう人もいます。しかし、分け目を作らないと髪や他の部分に育毛剤がついてしまうので非常にもったいないです。

育毛剤の無駄遣いを防ぐためにも、あらかじめ育毛剤をつけたい箇所の分け目はきちんと作ってから塗るようにしましょう。

自然に乾くのを待つ

育毛剤を塗った後は自然に乾くのを待つことが大切です。完全に乾く前に触ってしまったり、ドライヤーの温風で乾かしてしまうと効果が半減してしまいます。

塗った育毛剤が乾くまでの間にも、成分はじわじわと浸透しています。そのため、「早く乾かしたいから」という理由で温風のドライヤーを当ててしまうと有効成分まで蒸発してしまう恐れがあります。

育毛剤の使い方でよく間違われるポイント

育毛剤の使い方でよく間違われるポイントは共通しています。意外と同じところでつまずいてしまう人が多いのです。

「正しく使っているつもりだった」という人も、改めて育毛剤の使い方を見直してみると気づかなかったところで間違えている場合があります。

ここでは、育毛剤の使い方でよく間違われるポイントについてご説明します

育毛剤をつけた箇所を触ってしまう

育毛剤をつけた箇所が気になってしまい、ついつい素手で触ってしまうという人はいませんか?育毛剤を塗った直後は湿った感じがするので、頭皮に違和感を感じてしまいますよね。

育毛剤が浸透するまでは少々時間が必要です。その間に塗った箇所を触ってしまうと、せっかくつけた育毛剤が手についてしまいます。そうなると、本来適量だった育毛剤が減った状態となり、適切な使い方をしているとは言えなくなります。

また、人間の手は決して清潔なものではないので直接頭皮に触れることはおすすめできません。育毛剤をつけた直後は、なるべく触らないようにしましょう。

温風ドライヤーで乾かしてしまう

育毛剤をつけた後に、早く乾かそうとドライヤーの温風を使ってしまう人が多いのですが、実は間違った使い方です。育毛剤をドライヤーの温風で乾かしてしまうと有効成分が蒸発してしまい育毛剤の効果が半減してしまいます。

また、温風のドライヤーを頭皮に当てることで育毛剤の成分のみならず、頭皮の潤いまで飛ばしてしまう可能性があります。特に育毛剤をつけた直後は、ドライヤーの温風を当て過ぎないようにすることが大切です。

温風のドライヤーですべて乾かしきるのではなく、自然乾燥や冷風を混ぜながら乾かすことを意識してみましょう。

育毛剤の正しい使い方例【チャップアップ】

公式サイト:チャップアップ

基本的な育毛剤の使い方はどれも同じですが、商品によっては異なる場合もあります。今回は、利用者が多く育毛剤として人気が高いチャップアップの使用例をご紹介します。

それぞれの育毛剤には、効果を最大限に発揮させるための使い方が説明書に記載されています。主な使い方は共通ですが、購入した育毛剤によって使い方に多少違いがあるので、必ず説明書を確認をするようにしましょう。

洗髪をして汚れを落とした後に使用する

チャップアップを使用する前には、なるべく洗髪をして髪や頭皮の汚れを落とすことをおすすめします。 汚れがついたままだとチャップアップの有効成分が毛根や細胞に行き渡りません。

また、頑固な頭皮の汚れは毛穴をコーティングしてしまうので育毛剤を塗ったところで皮脂が液体をはじいてしまいます。こうなってしまうと、いくら育毛剤を塗っても何の効果もありません。

汚れた頭皮にチャップアップのような実績のある育毛剤を使用し続けても、薄毛や抜け毛に対する効果を実感することはできないでしょう。頭皮や髪が清潔な状態になってから、チャップアップを塗ることがヘアケア対策には重要なのです。

1日1回30プッシュは必ず使用する

チャップアップを1日1回使用する場合には、必ず30プッシュします。「ちょっとケチって少なくしよう」「40プッシュぐらいしちゃおうかな」という使い方は間違っているのでご注意を。

チャップアップの場合は一度の使用で30プッシュが正しい使い方です。これより多く使ったからと言って効果が早く実感できるわけではないので、単なる無駄遣いにならないように気を付けなければなりません。

また、もったいないからと言って少なめに使っていても適切な効果を実感することはできません。あくまでも、チャップアップは「1日1回30プッシュ」が基本ルールとなるので、最低限守るようにしましょう。

2セットの場合は1日2回朝と晩に30プッシュずつ使用する

2セットを使う場合であっても、朝と晩に必ず30プッシュずつ使用します。チャップアップ自体の使い方が基本的に30プッシュをベースとしているので、この使い方は必ず守る必要があります。

「朝10プッシュしかしなかったから、夜は50プッシュしちゃおう」という考え方も、間違った使い方につながるので要注意です。朝と晩に30プッシュずつ使用するのであって、合計プッシュ数に重きを置いているわけではありません。

朝忙しくて30プッシュ以下の使用になった場合でも、夜はきちんと30プッシュの使用方法を守りましょう。

きちんとを浸透させるため、使用時には頭皮マッサージを行う

チャップアップを塗った後、手を清潔な状態にしてから頭皮のマッサージを行います。頭皮のマッサージをすることで血行が良くなり、有効成分が毛根に届きやすくなります。

また、頭皮のマッサージは頭皮の筋肉をほぐしてくれるので、健康な髪を育てるための土台作りには不可欠です。指の腹部分を使うことで、頭皮を傷つける心配もなくなります。

育毛剤によっては、使用時は頭皮に触れないように注意喚起をしているものもあります。

しかし、チャップアップの場合は頭皮マッサージとの併用を推奨しています。育毛剤によって使用方法が異なるので、説明書で必ず確認をしましょう。

育毛剤を塗る前にまずは頭皮環境を整えることが重要

育毛剤は毛根や細胞、髪に有効な成分を含んでいます。しかし、どんなに優秀な育毛剤であっても頭皮環境が乱れた状態で使っていては効果を実感することは難しいです。

基本的に抜け毛や薄毛など髪の悩みを抱いている人は、頭皮の状態が健康的でない場合が多いです。髪が生える土台となる頭皮を整えることが、抜けにくい髪を育てるためには重要です。

正しい頭皮マッサージをする

頭皮のマッサージをすることで、毛細血管の血流が良くなります。その結果、育毛剤を使用した際に全体に栄養が行き届きやすくなり、十分な効果を実感することができます。自宅でも簡単にできる頭皮マッサージをご紹介します。

  1. 髪の生え際を両手の指の腹部分で軽く押さえつけるようにしながら上下に動かす。
  2. 頭頂部は、つむじ周辺をに両手の指の腹をつけ、ゆっくり小刻みに動かす。
  3. 側頭部は両手の指を少し立て気味にし、首の付け根~後頭部~側頭部に沿ってゆっくりと動かしていく。

 

ポイントは、頭皮が動いているのを感じる程度の強さでマッサージをすることです。強すぎると頭皮を傷める恐れがあり、また弱すぎるとマッサージの効果がありません。あくまでも、「頭皮の表面を動かす」イメージでマッサージをしましょう。

シャンプーの洗い残しがないかチェック

シャンプーの洗い残しがあると、毛穴が詰まる原因となります。また、頭皮にシャンプーが長時間残った状態が続くと炎症を起こし、かゆみやフケを引き起こす可能性があります。

炎症を起こした頭皮は決して健全な状態とは言えず、そのままでは育毛剤を使用することさえできません。洗髪の後は、シャンプーが残っていないかしっかり確認することが大切です。

シャンプーの他にも、トリートメントや整髪料が髪に残ったままだと育毛剤の栄養を十分に活かすことができなくなります。髪に余分な汚れがない状態で育毛剤を使用するようにしましょう。

簡単チェック!正しいシャンプーの流れ

育毛剤を使用するにしろしないにしろ、正しくシャンプーをすることは頭皮環境を整え、健康な毛髪を育てる上で非常に重要です。また、日々正しくシャンプーをすることで、育毛剤の効果を発揮させやすくなるというメリットもあります。

頭皮環境は1日や2日で整うものではありません。そのため、ある程度時間が必要だからこそ毎日のシャンプーから見直してみることは大切です。

男性のみならず女性でも髪にハリやコシを求めるのであれば、頭皮環境からまずは改善しなければなりません。肌に直接触れるシャンプーの正しい流れを解説します。

髪を濡らす前にブラッシングでほこりを落とす

いきなり髪を濡らしてシャンプーをするのではなく、まずブラッシングをすることから始めましょう。ブラッシングをすることでほこりやフケを落とし、からまった髪をほぐすことができます。

ほこりやフケが残ったままだと、シャンプーが泡立ちにくい場合があります。シャンプーがあまり泡立っていない状態で洗髪をしてしまうと、頭皮や髪へ摩擦によるダメージが蓄積してしまいます。

シャンプーをきちんと泡立たせるためにも、しっかりとブラッシングをして不要な汚れは落としておくと良いでしょう。

お湯は熱すぎず38度前後がベスト

お湯の熱さ加減には個人差がありますが、頭皮のことを考えるのであれば38度前後が最適温度です。お湯が熱すぎると、頭皮や髪を傷めてしまう原因になります。また、熱すぎるお湯は乾燥を早めてしまいます。

38度前後の人肌より温かい程度のぬるま湯でしっかりすすぐことで、頭皮や髪を傷めることなく汚れを落とすことができます。ブラッシングの後にはぬるま湯でフケやほこりを流す、というイメージで試してみてください。

シャンプーはしっかり泡立てること

シャンプーを手のひらに取った後、頭皮に直接つかないように気を付けながらシャンプーで髪を洗います。この時、たっぷり髪を濡らしてシャンプーを泡立てることがポイントです。

シャンプーは1~2回、多くても3回プッシュして使用します。シャンプーの量が多いと洗い残しの原因になるので注意しましょう。泡立った後は、頭皮を優しくマッサージするように洗うことが重要です。

泡立ったシャンプーは、表面の汚れだけでなく毛穴に詰まった皮脂にも吸着して綺麗にしてくれます。細かい泡であればあるほど、毛穴の奥までしっかりと洗うことができます。

シャンプーで洗う順番とは?

シャンプーをつけたからと言って、無作為に洗っていては綺麗になりません。

  1. たっぷりの水分で髪を濡らした後、まずは後頭部から洗う
  2. 次にこめかみから頭頂部にかけて、指の腹で優しく頭皮を動かすイメージで洗う
  3. 最後に生え際はシャンプーが残りやすいので注意しながら洗う

 

後頭部→→頭頂部→こめかみ→生え際

の順番でシャンプーをすることがコツです。下から上に向かって洗っていくようなイメージで洗髪をしましょう。

トリートメントは使った方が良い?

一つ覚えておいていただきたいのがとトリートメントは髪にためにあるものであり、頭皮のためではありません。

間違って頭皮につけてしまうと頭皮がベタつきトラブルの元になるので気をつけましょう。

頭皮のトラブルが気になる場合は頭皮にもつけてよいトリートメント「スカルプトリートメント」を使用しましょう。

トリートメントには、髪を保護する成分が含まれています。つけすぎるとべたつきますが、外部ダメージから髪を守るためには欠かせないものです。

シャンプーでの洗髪後に軽く水気を取ってからトリートメントをつけます。トリートメントを髪につけたら3分ほど放置してから洗い流します。トリートメントを有効に活用して、髪をしっかり保護しましょう。

生乾きのまま放置は雑菌が増える原因に!?

シャンプーやトリートメントがすべて完了した後は、ドライヤーで髪をしっかり乾かしましょう。生乾きのままで髪を放置していると、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなります。

その結果、フケやかゆみの原因になってしまいます。また、水気を残したままの頭皮は冷えやすくなるため、血行不良にもつながりかねません。

髪を洗い終えた後はなるべく早めに乾かし、髪や頭皮に雑菌が繁殖しないように注意しましょう。

シャンプー後に使いやすいおすすめ育毛剤

ここでは、シャンプー後に使いやすく効果が出やすい育毛剤をご紹介します。日常使いはもちろんのこと、シャンプー後の使用で育毛効果がより高まる育毛剤を厳選しました。

【2020年令和最新版】育毛剤のおすすめランキング厳選TOP5!市販・通販・男女兼用別に徹底比較して紹介!

チャップアップ

公式サイト

実販売前のモニター試験で「97%以上の人が3ヶ月以内での育毛効果を実感した」という結果が出ているほど、チャップアップは育毛剤として不動の人気と実績があります。

抜け毛や薄毛対策だけでなく、頭皮環境へアプローチをしてくれる有効成分も多数含んでいるので、丈夫な髪が育つ土台作りから行うことができます。

5αリダクターゼによって脱毛酵素の働きを抑えてくれるため、髪自体が抜けにくい環境へと頭皮を整えてくれます。頭皮と髪へのアプローチ力は、他の育毛剤の追随を許さないほどの折り紙つきです。

イクオス

公式サイト

独自に配合した「Algas-2」という海藻由来成分により、保湿力に重点を置いた育毛剤です。頭皮の乾燥を防ぎ、フケやかゆみを引き起こす原因を根本から解決してくれます。

頭皮に十分な水分が保有されていると、育毛剤をつけた際にも全体に行き渡りやすくなり、効率的に塗布することができます。近年、この保湿力に注目した育毛剤が多数登場していますが、イクオスは群を抜いて保湿効果が高い育毛剤です。

従来商品よりも育毛成分が2倍以上に増えてリニューアルしたことで、より強力な育毛剤へと進化を遂げました。

フィンジア

公式サイト

「シャンプーだけでは固まった毛穴が解消されない」という人には、フィンジアがおすすめです。フィンジアには、カプサイシンが配合された有効成分が含まれているので、頭皮の代謝を促進してくれます。

また、フィンジアに含まれる有効成分のうちキャピキシルとディオキシジルはミノキシジルよりも浸透力が高いため、毛根や毛母細胞により効率的に栄養素を届けることができます。

カプサイシン成分で毛穴を開き、浸透力の高いキャピキシルとディオキシジルでしっかりと有効成分を行き渡らせるという、一連の流れが完成しているフィンジアは日常使いにもおすすめです。

育毛剤は使い方を間違わなければ効果が実感できる

育毛剤は正しく使うことでその真価を発揮します。基本的な使い方が多いものの、使い続けていると次第に自己流になってしまい、結果として適切な使い方を忘れてしまいがちです。

また、正しく育毛剤を使用したところで頭皮や髪の状態が良くなければ十分な効果を出すことはできません。特にシャンプーはほぼ毎日するものなので、間違った洗い方をしていてはせっかくの育毛剤も台無しになりかねません。

各育毛剤の説明書にも「正しい使用方法」の記載があるので、使用前には一度目を通すことをおすすめします。育毛剤を正しく使い、より早い段階での育毛効果を実感してみてくださいね。