メンズコスメ・美容の口コミサイト「パンジー」

育毛剤にはどんな成分が含まれているの?避けるべき成分も紹介

年によって流行る育毛剤のタイプは違うものです。特に当時絶大な人気を持っていた筈の成分も、新しく出た画期的な成分の登場によって、簡単に使われなくなるものもあります。またその成分の副作用や問題性が発見され、別の成分によって代わりを使われる場合もあるのです。

育毛剤の中には男性には使えるものでも、女性には使ってはいけない成分もあります。副作用など体に害のない薬はなく、また育毛剤も同じように副作用のないものはないので、使う製品の成分には注視していきたいものです。

この記事では育毛剤に使われている成分の紹介や、副作用の起きる確率が高い成分などを紹介します。頭皮荒れを起こしやすい成分や、近年登場した注目の成分を紹介しますので是非ご覧になってください。

キャピキシル系の育毛剤

育毛剤で今注目の成分はキャピキシルです。現在トップの売上を誇っている育毛剤には、ほぼキャピキシルが含まれており、その効果は実際に使ってみても凄いと評判になっています。

キャピキシルには育毛効果だけでなく、発毛効果もあるので増毛をしたい方にも、おすすめな成分なのではないでしょうか。ここではそんなキャピキシルのおすすめポイント3つを紹介します。

今注目の成分!

キャピキシルは高い効果を持つのに副作用が起こりづらく、天然材料からできている無添加成分だとして話題になっています。

カナダの化粧品開発会社が開発したキャピキシルは、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3などを配合して作られたものです。

アカツメクサ花エキスに含まれるビオカニンAには、AGAの進行の元となる成分の分泌を阻害する効果があります。またアセチルテトラペプチド-3が髪の成長を正常化させてくれるとのことです。自然な成分から育毛の効果が得られるので安心できますね。

AGAになってしまっている人は、毛根などの性質や免疫がおかしくなっている場合が多いです。

キャピキシルには、そんな免疫異常などを正常化させる効果があります。今後の薄毛に対するケアにも効果が発揮されるので、予防の意味でも使うことができ便利でしょう。

元々キャピキシルに含まれるアカツメクサ花エキスは、育毛効果があるとして過去にも育毛剤に使われていた成分です。

しかしそんなアカツメクサ花エキスも、アセチルテトラペプチド-3などと合わせて使うと効果が上がると研究で新たに明らかになり、更に注目されることとなりました。なのでアカツメクサ花エキスが配合された上に、更にパワーアップした効果を受けれるキャピキシルは、成分の中でも最強な存在となっています。自然由来の成分が優しく頭皮にアプローチし、高い効果をもたらしてくれるのも注目のポイントでしょう。

キャピキシルの効果

キャピキシルが注目されるのには、効果的な成分が多く配合されているからだけではありません。キャピキシルにはミノキシジルの3倍の効果があると、報告されているからです。ミノキシジルはAGAに絶大な効果あるとして、多くの人気商品に使われています。なのでそんなミノキシジルを上回る効果を持つキャピキシルは、多くのAGAケア業界から注目されているのです。

ミノキシジルでは効果が出なかった人も、キャピキシル配合の育毛剤を使うと効果が出る可能性があります。またキャピキシルはミノキシジルと違って、完全無添加な材料からできた成分なので、今まで化学物質配合の成分が使えなかった人にもおすすめです。育毛成分の中で人気なミノキシジルと比べて見ても、それ以上の効果を持つ成分なので、効果的な育毛材を使いたい方はキャピキシル配合のものを選ぶと良いでしょう。

従来の成分より副作用が起こりづらい!

キャピキシルは今までの成分よりも、副作用が起こりづらいとして注目されています。

例に挙げるとミノキシジルやフィナステリドなどは、副作用が出てしまう成分です。しかしミノキシジルはそれ以上の効果を持つのに、副作用がかなりの確率で起きないと話題になっています。

キャピキシルは副作用の起きる確率が、限りなく0%に近いと発表されています。

近年天然成分は化学性物質からできたものには、効果が劣ってしまうと言われていました。ですがキャピキシルは天然成分からできているのに、他の成分よりも強い効果を持っています。今まで夢とされてきた、副作用の起きづらくかつ効果も高い成分ができたので、AGAケアにも新しく希望の光が入ってくることとなりました。

キャピキシル配合の育毛剤「イクオスEXプラス」

公式サイト

今絶頂に注目されているキャピキシルですが、配合されている育毛剤として有名なのがイクオスEXプラスです。イクオスEXプラスは5,980円と安価なのに、効果が高くて良いと口コミで人気な育毛剤です。

キャピキシルの他にも有効成分が4種類、様々な方面へアプローチする成分が124種類あるので、心強い育毛剤となっています。そんなイクオスEXプラスのメリットは、育毛だけでなくAGAの進行を防止する作用もあることです。

元々キャピキシルにも脱毛を抑制する効果があるのは知られていますが、他にも専用の脱毛を防止する成分が配合されています。使うことで様々な効果が得られるのも、良いポイントなのではないでしょうか。

完全無添加なのもウリとなっており、自然由来のキャピキシル配合なことや、また頭皮荒れを起こしがちなメントールも配合していないので安心して使えるでしょう。またイクオスEXプラスは定期コースを頼むと元々の価格よりも、かなり安く購入することができます。定期的にお得なキャンペーンも実施しているので、これを機会にイクオスEXプラスを購入してみてはいかがでしょうか。

最安値・限定コースをチェックする

ミノキシジルを配合した育毛剤

ミノキシジルは多くの育毛剤に使われている成分です。今でもトップの売上を誇る育毛剤には、ミノキシジルが使われています。1979年に発見され1988年に使われ始めたミノキシジルですが、長年使用され頼られ続けるのには理由があります。

ここではそんなミノキシジルの効果や注目するべきポイント、副作用などを紹介します。今でも育毛剤の成分として、最前線で活躍し続けるミノキシジルなので必見ですよ。

多くの育毛剤に使われている

育毛剤の中で最も使われる、成分の中で一番有名なのがミノキシジルです。

ミノキシジルが配合されている育毛剤には、ミューノアージュなどがあります。発見されてから長年が経ち、多くの注目される成分が発見されてきましたが、その中でもミノキシジルが使われ続けています。

ミノキシジルの効果とは

ミノキシジルはアメリカの研究所で効果が発見されてから、世界の90ヵ国以上で使われる有名な成分です。

髪が細くなってしまった方に嬉しい育毛効果や、髪自体を増やす発毛効果があり、AGAケアに大変効果のある成分となっています。

ミノキシジルが効果を発揮するのは、乱れてしまった髪が成長するまでのヘアサイクルを整えることです。髪には育つまでと成長を休止するのと、抜け落ちるまでの期間があります。ミノキシジルは髪の育つ、いわゆる成長期を正常な長い期間に戻す作用があります。また代々持って受け継がれる遺伝性のAGAにも効果があるので、親などの親族が全員薄毛の人でも、ミノキシジルを使えば改善が見られるでしょう。

髪が細く弱くなってしまっている人は、ホルモンのバランスの乱れなどによって生じた、薄毛の原因である毛包が小さくなってしまっているのが多いです。ミノキシジルは毛包に作用する、毛包を大きくし深く生えさせ、丈夫に髪を育てることによって髪を育たせてくれます。

ミノキシジルの副作用は?

育毛の成分の中でも効果の高いミノキシジルですが、副作用を起こしてしまう可能性があるので、注意が必要です。具体的には髪に塗るなど外用薬の場合は、痒みや発疹、蕁麻疹、皮膚炎などが、使用者の8.88%の確率で起こるデータが出ています。また外用薬は高年齢な方程、副作用の発生率が高かったとのことです。

日本では基本的にミノキシジルの内服を認めていませんが、もし内服薬として使用してしまった場合、痒みや脱毛、発熱や吐き気、動悸、嘔吐などの症状が出るとのことです。外用薬よりも内服薬の方が、副作用の起こる確率が高く症状も重くなっています。ミノキシジルは成分として非常に効果の高い方に入りますが、その分副作用の症状も重たいのでしょう。

ミノキシジルが育毛剤に使われるまでは、高血圧の薬として使われていました。

高血圧の薬として使っていたにも関わらず、服用した患者に多毛の症状が見られ、育毛の効果があるとして注目されたのです。しかしそんなミノキシジルですが育毛の効果だけでなく、血管を拡張し血行を良くする作用があり、重要な心機能に影響を及ぼす恐れがあるので、心臓などに何らかの病気を持つ方は使用をおすすめできません。

ミノキシジル配合の育毛剤「ミューノアージュ」

公式サイト

ミノキシジル配合の育毛剤といえば、ミューノアージュです。女性専用の育毛剤ですが男性でも使えます。

独自の美容液で頭皮の環境を良くし育毛の環境を整え、5種類の医薬部外品成分が強い育毛効果を発揮してくれます。男性が使用する育毛剤の量よりも配合成分も使用量も多いので、効果的な育毛効果を受けたいならミューノアージュを使用すると良いでしょう。

フィナステリドを配合した育毛剤

育毛剤の成分を調べれば、必ずと言って良い程配合されているフィナステリドです。基本的には単体として使用するのではなく、他の薬と合わせて使うので、単体としての効果をしっかりと知っている方は少ないのではないでしょうか。

フィナステリドはキャピキシルやミノキシジル程、強い効果を持つ成分ではないので、注目されることは殆どありません。ここではそんな時々気になるフィナステリドの効果を紹介します。

フィナステリドが発毛を促すメカニズム

フィナステリドはプロペシアなどの薬に配合されている成分です。

AGAの原因は脱毛ホルモンの分泌、DHTにあるのですが、フィナステリドにはそのホルモンの分泌を抑制する効果があります。DHTが発生してしまう原因は、テストロチンと5-αが結合してしまうことにあります。それぞれの酵素やホルモンは、元々人体にとって良い効果を持つものなのですが、DHTとして結合してしまうと抜け毛を加速させてしまう原因となるのです。

フィナステリドはそんなDHTが結合するのを防ぐ効果があります。AGAの原因となるホルモンを元から抑制するので、セルフケアには欠かせない成分です。

フィナステリド自体が発毛を促す成分を持っているのではなく、原因となるホルモンを断つことで、本来持っていた発毛する力を引き出してくれるのでしょう。フィナステリド自体が発毛効果を持つ訳ではないので、発毛効果を持つ薬と併用して使われるのが多いのです。

今までの育毛に使える成分では発毛を促すもの、AGAの原因となるホルモンの抑制や解決の成分が発見されることはありませんでした。

髪自体を生やすことはできても元となるAGAの解決ができなかったので、一時的には治せてもまたAGAが進行してしまった場合、治すすべがなかったのです。なので他の成分と比べると、多少見劣りしてしまうような成分でも、見つかった当初はAGAのケアが根本的に治せると話題になりました。

フィナステリドの副作用

AGAの治療には欠かせないフィナステリドですが、副作用が出てしまう成分としても有名です。フィナステリド自体、ホルモンに直接働きかける成分になるので副作用が出てしまうのでしょう。

フィナステリドの副作用は、性欲の減退や肝機能障害などです。これらの器官はフィナステリドが働きかけるホルモンの作用を、著しく受ける場所となっています。そんなフィナステリドですが副作用の発症率が0.5%と低いので、基本的には使っていてもそれ程支障がないと有名です。

育毛剤の成分の中では珍しい、国として初めて内服薬としての使用が認められた成分となっています。なので副作用が起こるとしても、それ程症状が重たくなくまた確率も低いのでしょう。

敏感肌は避けた方が良い育毛剤の成分

ここまでは多くの育毛剤に使用される成分の紹介をしてきました。以下では肌が弱い方など敏感肌は避けた方が良い、育毛剤の成分を紹介します。

育毛剤は成分が元々もつ副作用のリスクだけでなく、育毛剤と使う人との相性によっても副作用を起こしてしまいます。成分として見分ける前に安全な育毛剤を選ぶには、販売前にテストをした製品を選んだり、使用する前に自身でパッチテストなどを行うと、より安心して使うことができおすすめです。ここでは敏感肌がそもそも育毛剤で痒みなど副作用を起こさない為に、選ぶべき、また避けるべき成分を紹介します。

アルコールを配合した育毛剤

化粧品やボディケア用品などでも同じですが、アルコールを使用した育毛剤は使わない方が良いです。成分表示にエタノールが書いてある、使用した後独特のスッーとした感覚がするなどがあれば、アルコール配合の育毛剤と見て良いでしょう。

アルコール配合の育毛剤を避けるには、アルコールフリーやノンアルコールなど表記がされた育毛剤を選ぶのがおすすめです。また一部ではアルコール入りであるものの、使用されている量が少ない製品、多くのテストを行った上での販売で、使っていても副作用が殆ど

起きない製品もあります。中でもチャップアップなどの育毛剤は、副作用が少なくまたアルコール入りであるものの、限りなく敏感肌に優しい育毛剤になっているのでおすすめです。

防腐剤を配合した育毛剤

パラベンやデヒドロ酢酸ナトリウム、ヒノキチオールなどの防腐剤を含む育毛剤は使わない方が良いです。

人工的に成分を腐らせないよう保つのも安心できませんし、何より頭皮に刺激を与えてしまいます。防腐剤はカビの増殖や成分の保持などをするのに効果的ですが、髪や頭皮は僅かな刺激でもダメージとして受け取ってしまうので、副作用を起こしたくない方は避けた方が良いでしょう。

近年パラベンが開発され、防腐剤なのに低刺激かつ量が少ないにも関わらず、十分な効果を得れるとして、多くの製品に使用される成分もあります。パラベンのように副作用が起こらない成分もありますが、万が一を考える人は使わないようにしましょう。

香料付きの育毛剤

香料付きの育毛剤は、育毛に必要な成分以外が入っているので使わない方が良いです。人は一定の確率で特定の成分に対し、痒みなどの症状を抱えることがあります。そういった場合はなるべく必要なもの以外の成分や、余計なものは使わないのがベストです。

副作用のリスクを下げたい方や、香料で炎症を起こすのを避けたい方は、無香料の育毛剤を選ぶようにしましょう。また香料の中には価格性の成分もあるので、人工的なものを使うと荒れてしまう方は特に使わない方が良いです。

育毛剤を使用した際、香りが嫌で続けられなくなった方は以外と多いです。香りに敏感な方にありがちなことですが、逆に無香料な製品は基本的に成分以外の香りがしませんので、ストレスなく使えるでしょう。

アルコールや防腐剤などが使われてしまう原因は?

頭皮や髪に刺激を、かつダメージを与えてしまうアルコールや防腐剤を、何故育毛剤に使ってしまうのでしょうか。副作用を起こしてしまう成分なのに、育毛剤の中に使うのには理由があるのです。

アルコールは皮膚などに塗ると、清涼感があり使い心地が良いこと、育毛剤なら頭皮の毛細血管が拡がり血行が良くなるとして使われています

単純に使用感だけでなく、育毛にも効果が見られるので配合されるのでしょう。しかしそんな血管の拡張作用があるアルコールですが、その効果も一時的なものでしかないので、使わないメーカーも多いです。またアルコールの成分が、髪の細胞を壊してしまうこともあるので、使う際は量に注意するようにしましょう。

防腐剤は雑菌が繁殖させないようにする為、育毛剤としての効果を保持し続ける為に配合されています。

人工的に作った化学性の成分もありますが、中には天然材料から作ったGSEなどのオーガニックな防腐剤もあります。天然の防腐剤は副作用の起こる確率が、殆どないので使用しても良いでしょう。

敏感肌には無添加の育毛剤がおすすめ

無添加の製品の良いところは、化学性の物質が含まれていないところ、刺激が少ないから敏感肌にも使いやすいところにあります。また上記に挙げてきた人工的な防腐剤やアルコール、ミノキシジルなども含まれていないので、成分表を見ずとも安心して買えるのは良いポイントでしょう。

ここではそんな無添加の育毛剤のメリットなどを紹介します。今まで育毛剤を使うと頭皮荒れを起こしてしまった方や、副作用が気になる方は是非ご覧になってください。

頭皮にダメージを与えにくい

無添加の育毛剤は、人工的な成分を加えた製品よりも頭皮に影響を与えにくく安全です。化学性の成分は副作用を起こしてしまうだけではなく、直接頭皮にもダメージを与えてしまい、育毛をしている筈なのに頭皮が痛んでしまうケースも少なくありません。

無添加の育毛剤はまずダメージを与えるような成分を含んでおらず、また使っていても安心なので夫婦で同じ製品を使うのもできるでしょう。化学性の育毛物質の中には、女性は使えないなど人体に害を与えてしまうものもあるので、万が一とはいえ無添加の育毛剤を選ぶのは大切です。

副作用が起こりづらい

無添加の育毛剤は、副作用のリスクが少ないので安心して使えると評判です。頭皮荒れを起こしてしまうなど副作用が起きてしまった人も、使った製品の中に化学性の物質が含まれており、頭皮がそれにダメージを受けて副作用を起こすケースが多くなっています。副作用が起こる原因物質には、無添加でない人工的に作った成分が原因のものが少なくないのです。

頭皮は皮膚の中でも刺激を受けやすく、ダメージに弱い場所です。化学性の物質を使ってしまったことで、元々持っていたアトピー性皮膚炎などの症状が、更に酷くなってしまった人もいます。

日本では人工的な成分を使った育毛剤や食品、コスメなどの使用に寛容なようですが、やはり刺激性があり危険なものは使用を控えた方が良いです。育毛剤は頭皮などデリケートな場所に作用するものなので、普段問題がない人も育毛剤だけは、選ぶものに対して慎重になりましょう。

自然に育毛が行えるので安心

無添加の育毛剤の良いところは、自然に育毛が行えるところです。化学性の物質を使っていないので、副作用などを特に考える必要がありませんし、子どもやペットがいる過程でも害がなく、基本的に使えるので良いでしょう。

無添加の育毛剤は自然に対しても害がありません。シャワーをしているとどうしても使っている育毛剤が流れてしまうのですが、ナチュラルな成分から作ったものなので、川に流れても問題がないです。

最近では環境問題や地球温暖化も話題になっていますので、一種の社会活動として考えてみるのもアリでしょう。環境面や私たち人間が使う分にも害がないのは、育毛剤を選ぶ上での理想的な図ですよね。

相性の良い育毛剤で効果的に毛量を増やそう!

育毛剤で効果のあるものや副作用が出ないものは、個人個人で違いますし、また反応してしまう成分もそれぞれ違います。なのでHPなどで自分と同じ肌質のタイプに合った育毛剤の紹介や口コミがあれば、参考にすると良いでしょう。

そんな中でも万人に効く、副作用の起こるリスクの少ない無添加育毛剤は最強です。

ミノキシジルやフィナステリドなどの副作用がある化学性物質が、含まれてないのも選ぶ製品としてベストでしょう。また完全無添加であるキャピキシルへの注目も外せません。キャピキシルが副作用を起こす確率が、他の成分と比べて格段に低いのも、無添加であることが影響してなのでしょう。

相性が良いかは人それぞれですが、副作用リスクの少なくまた効果も高い育毛剤を選ぶのは大切です。AGAは進行してしまうと治すのが難しく、また医療機関に通わないといけなくなり、全体的にかかる費用も高くなってしまいます。効率的に毛量や元々持っていた育毛力を取り戻して、ベストなセルフケアをしましょう。